会社を知るスマートフォン
中途採用社員の声
中途採用社員の声⑤
先輩社員インタビュー

アークメディカルの先輩薬剤師に、職場について聞いてみました。

中途採用社員の声

中途採用社員の声⑤

2012年

薬剤師・マネージャー

出身地 長野県長野市
生まれ年 1970年
出身大学 名城大学
休日の
過ごし方
温泉に行ったりして、ゆっくりしています。

患者さんの身近な存在に


Q1.入社のきっかけと、いままでのキャリアを教えてください。

名古屋の大学に行っていたため、大学卒業後は名古屋の調剤薬局に勤務していました。その後少しブランクが有るのですが、実家のある長野市に戻り結婚出産を経て、下の子が1歳になったとき、そろそろ働き始めようかと。家からの距離等を鑑みて、あやめ薬局に入社しました。あやめ薬局がM&Aでアークメディカルになったのですが、メンバーはあまり変わらず体制が変わったという形で勤務を続けています。


Q2.入社してよかったことは?(社風・制度・福利厚生など)

自分自身が中途入社・2社目ということもあり、新卒の頃よりも視野が広がりましたね。また、アークへ統合した際に手書きの薬歴を電子化したり、新しい機械を導入したり、患者さんへの接し方を見直したりと仕組みづくりを経験できたのも良かったです。結果、患者さんの数も増え、様々な処方を取り扱うようになりました。
社風に関して言うと、型にはまらず自由に提案できる点がいいと思います。社長に要望をあげたりということが気軽にできますし、みんなの声をきいてくれる会社だなと感じますね。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


Q3.仕事のやりがいはどんなところにありますか?

やはり、患者さんとのやりとりにやりがいを感じます。「またよろしくね、ありがとう」と言ってもらえると嬉しいですし、「篠原さんの顔を見に来たんだけど」というように声をかけてもらえると、お互いに安心できるのかなと。
また、患者さんに合わせた接し方には気を遣っています。内科の患者さんはご年配の方が多く、ゆっくりお話をしたい方もいらっしゃるので、なるべく時間をとります。
皮膚科の患者さんは様々ですが、お子さんが居たりすると急いでいる方も多いので、説明は簡潔にして、なるべくお待たせしないようにというような事を心がけています。


Q4.大変なところはどこでしょうか?

薬剤師としては、「間違えてはいけない仕事」というのが一番ですね。見直しをしっかりしたり、ヒューマンエラーをおこさないように、緊張感をもって作業にあたるようしています。
マネージャーとしては、もともと自分が人にお任せするのが苦手なタイプなので、一人で抱えてやりすぎてしまうのは課題ですね。最近は「どこまで自分がやったらメンバーが働きやすいのか?」ということを考えながら試行錯誤している感じです。メインの店舗のほかに、週に1度は異なる店舗に行くようにしているのですが、それぞれに薬局長がいる体制なので、できる限り自分はでしゃばらず、みんなが働きやすいように心がけていきたいですね。


Q5.今後取り組んでみたい事を教えてください。

高齢化という地域や時代のニーズもありますし、在宅サービスに力を入れていきたいと思っています。自宅療養をしている方が実際に薬を飲めているのか、体調はどうなのかというところをしっかりと把握したうえで、悩みを解決するようなご提案をしていきたいですね。
そのためには、薬についてはもちろん、保険や福祉用具、介護分野の知識や情報もトータルで必要になるのではないかと思います。ケアマネージャーやドクターとの連携をとりながら、患者さんに寄り添い、信頼してもらえる薬剤師でありたいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


Q6.どんな方がアークメディカルに向いていると思いますか?
就職活動をする学生さんへのアドバイスをお願いします。

言われたことにプラスして、自分から工夫して動ける人だとよりよいのではないでしょうか。新卒だからと遠慮せず、思っている事や、やりたい事を伝えてもらえれば、実現できる土壌がある会社だと思います。また、薬に関しても、機械に関しても、どんどん進歩しているので、若い方からも新しい事を教えてもらいたいですね。一緒に働けるのを楽しみにしています。
自分自身の大学時代や就職活動をふりかえると、近場でしか就職を考えていなかったので、色々な場所を見ればよかったかなと思います。せっかくの機会ですし、是非アークにも見学に来てみてください。