会社を知るスマートフォン
新人薬剤師の声
新人薬剤師の声①
先輩社員インタビュー

アークメディカルの先輩薬剤師に、職場について聞いてみました。

新人薬剤師の声

新人薬剤師の声①

2014年入社

薬剤師

出身地 山梨県甲府市
生まれ年 1988年
出身大学 富山大学
休日の過ごし方 草野球・スポーツ観戦・カラオケなど。中学時代の友達が地元にいるので、飲みにいったりもします。

患者さんひとりひとりに寄り添える薬剤師をめざす


Q1.入社のきっかけと、いままでのキャリアを教えてください。

地元が山梨で、戻ってくるつもりで就職先を探していました。姉が薬剤師をやっているので色々情報をもらって、その中のひとつにアークメディカルがあったんです。店舗見学に行ったら、社長から「ここも見てみる?」と声をかけていただいて、2、3日にわたって5店舗くらい見学させてもらいました。 働いている先輩薬剤師さんと実際に話して、とても話しやすかったですし、雰囲気もいいなあと。加えて、社長と直接話せる距離の近さや、「こういう風にしていきたい」という熱い思いに触れ、入社を決めました。配属が決まり、薬剤師として勤務して2年目に入ったところです。


Q2.入社してよかったことは?(社風・制度・福利厚生など)

入社前から感じていた事ではあるのですが、風通しの良さが魅力だと思います。薬局というと女性が多いイメージだったのですが、アークメディカルは男女比が半々なのもいいのかもしれません。先輩方も話しやすいですし、社長も1対1で話す機会を定期的に設けてくれたりと、とても働きやすいです。
就職活動をしていたときから、様々な処方を見れたり、色んな方と関わる仕事をしたいと思っていたので、3つの病院の門前薬局として機能している今の店舗での業務も充実しています。


Q3.仕事のやりがいはどんなところにありますか?

患者さんから「ありがとう」や「おかげさま」と言ってもらえると、医療人としてお役に立てたのかなという気持ちになれますし、それがやりがいにつながってます。
また、今いる店舗は老若男女、幅広い年代の患者さんがいらっしゃるので、色々なお話ができ、すごくいい経験になっています。たとえば、皮膚科だと赤ちゃんからお年寄りまで幅広く、隣の透析内科からは、お年寄りの方が多い印象です。精神科の方はあまり生活習慣病にかからないような、20代〜40代の働き盛りの方が多いといったように、ニーズが様々なのでその方にあった対応ができるように心がけています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


Q4.大変なところはどこでしょうか?

薬局というとゆったりとしたイメージがあったのですが、予想していたより忙しいということはあります。多いときには1日に200人以上の方がいらっしゃって、臨機応変さやスピードが必要とされるんだな、と配属当初は驚きました。
患者さんの人数が多いので、1人1人に深く医療サービスをしたいという気持ちはあるんですが、そこと薬局を回していくというバランスがなかなか難しいです。最初は慣れなかった部分ですが、徐々にペースをつかんでいったという感じです。


Q5.今後取り組んでみたい事を教えてください。

薬剤師としての基礎的な業務はある程度経験が出来たので、これからは管理薬剤師の業務に取り組んでみたいです。薬局のマネジメントや運営、新店舗の立ち上げなどにも少しずつ関わっていけたら、と思っています。
会社の方針として、介護や在宅サービスにも力を入れ始めているので、勉強会や研修等を通してそういった業務についても学んでいきたいと思っています。医師や看護師といった他業種の方や他機関との連携もとれるようになっていきたいです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


Q6.どんな方がアークメディカルに向いていると思いますか?
就職活動をする学生さんへアドバイスをお願いします。

昔はクリニックの処方箋を用意して出すといった業務がすべてだったと思うんですが、薬局のあり方がどんどん変わってきています。具体的に言うと、介護などその地域にどうやって貢献していくか?といったところが問われ始めているように感じます。なので、薬剤師の業務以外にも色々やってみたいという希望があったり、地域に出て学んでみたいといった思いがある方が向いているのかなと思います。
就職活動に関しては、実際職場に行ったり先輩の話を聞いたりしてから決めるといいのではないでしょうか。特に社長と話せる環境があったら、会社の方向性なども聞けるのでよりよいと思います。